HOME > GET INVOLVED > GLOBAL INTERNSHIP PROGRAM > Japanese University Students J


English  

Japanese University & College Student Interns
日本人の大学&短期大学生インターン

 

大阪YMCAは現在、日本人の大学や短期大学生のインターンを受け入れています。申し込みは ​こちらから

 

 

大阪YMCAは現地の学生に、価値ある国際的な仕事経験をグロバールなことに取り組んでいる部署で働く経験から提供できると考えています。インターンは、地球市民や国際文化への理解を深めることができ、英語のスキルを上達させ、世界各国の同じ目標を持った人と働くことができます。

  • 関西圏の第三の機関で学んでいる日本国籍を有する人または日本に住んでいる人
  • 年齢が18歳から26歳であること
  • 高い日本語力(第二言語として日本語を話している人はJLPTのレベル1、BJLPT500点以上)
  • コンピュータースキルがある:パワーポイントまたはキーノートを用いて自身の経験をプレゼンテーションすることができる
  • 英語力を伸ばそうとする気持ちがある。インターン参加者はプログラムへの参加前に英語を学ぶことを奨励します

現在、私たちは日本の大学生・短期大学性を本部である土佐堀のグローバル推進室に受け入れていますが、状況に応じて異なる部署で受け入れることも可能です。どのような職場があるのかを知りたい方は、こちらからお気軽にご連絡ください。

Global Department Program Assistant
グローバル事業推進室 プログラムアシスタント

のインターンシップでは、インターンはグローバル事業推進室のスタッフと、他の国際インターンと共にグローバルユースカンファレンスやソーシャルエンタープライズなどのグローバル事業推進室のプログラムに関する研究、管理、プロモーション、コーディネーションをアシストします。このインターンシップは2019年4月上旬から開始し、8月中旬まで週に1〜2回、相互に合意した条件で作業します。 ただし、2019年8月4日から8月7日に開催される大阪YMCAグローバルユースカンファレンス(GYC)への参加は必須です。
 
より詳しく知りたい方は以下のpdfファイルをダウンロード、またはこちらからご連絡ださい!
Osaka Uni - 2019 Global Dep Program Assistant InternLinkIconOsaka Uni - 2019 Global Dep Program Assistant Intern.pdf (364KB)

私の申し込みはどのように評価されるのですか?

グローバル推進室は以下の評価ポイントを基にスキルや候補者の適性を評価します: 
1. 申込書や履歴書に書かれている情報
2. 面接の際の受け答え。グローバル推進室コーディネーターが候補者の質問への返答を評価します(点数をつけます):平均点を出し、グループの中での適性を判断します。各インターンレベルは等級分けされていて、面接を通過するためには未開の能力があること、態度、熱意、リーダーシップと言語スキルを見せなければなりません。
3. 申し込みの推薦者や仲介の組織との話し合い
*インターンはYMCAの会員である必要はありませんが、インターンシップの原則とYMCAの原則に従うことに同意していただく必要があります

インターンシップの期間中はどういった責任が伴いますか?

もし大阪YMCAのインターンに参加するならば、以下のことに同意していただく必要があります:
1. 大阪YMCAのインターンシッププログラムの期間中、留学生のホストである第三者機関がカバーする適切な保険、学生保険、総合的旅行保険のいずれかに加入していること
2. 大阪YMCAの広報活動のために自身の写っている写真や動画をウェブ上または印刷物に使用することに同意する
3. インターンシップと大阪YMCAに関する配布された全ての資料を読む
4. インターンシップに備えて十分な準備をする
5. 文化交流アクティビティのために必要な物を準備する
6. 緊急時または財政的な必要性がある場合に備え十分なお金が使えることを確認する
7. 挨拶などの簡単な日本語のフレーズを学ぶ 
8. グローバルユースカンファレンス、プロモーションイベント、規定の業務を含む全てのインターンシッププログラムに参加する