HOME > GET INVOLVED > Global Youth Conference > Global Youth Conference


ENGLISH  

Global Youth Conference

グローバルユースカンファレンス

Important Notice:

2020 GYCは新型コロナウイルスの感染拡大により2021年8月に延期されました。 2021 GYCおよび今後開催されるすべてのイベントについてはグローバル事業推進室のウェブサイト又はSNSを引き続きチェックしてください!関西地区にお住まいの学生は、GYCユースコミッティーに参加することにより、GYCに関わることができます。 詳細については、こちらから

    
 
グローバルユースカンファレンスは1年に1度、夏に5日間大阪で開催されているイベントで、世界各国から若者が集いグローバルイシュー(世界規模の課題)について共に学び、意見交換をしながら文化交流を楽しむプログラムとなっています。このカンファレンスは若者の、若者による若者の為のプログラムです。大阪YMCAのグローバルプログラムの旗艦として、インターンシッププログラムや社会的企業Yスタータープログラム、グローバルユースリーダープログラムと繋がっています。

グローバルユースカンファレンスは1年に1度、夏に5日間大阪で開催されているイベントで、世界各国から若者が集いグローバルイシュー(世界規模の課題)について共に学び、意見交換をしながら文化交流を楽しむプログラムとなっています。このカンファレンスは若者の、若者による若者の為のプログラムです。大阪YMCAのグローバルプログラムの旗艦として、インターンシッププログラムや社会的企業Yスタータープログラム、グローバルユースリーダープログラムと繋がっています。

GYCには以下の目的があります:

  • 世界各国の若者が、話し合いや相互的な学び、ディベートを通して若い世代の人々に影響を与えている現代の問題について学ぶ場をつくる
  • 若い地球市民育成への貢献
  • グローバルイシュー(世界規模の課題)を協議するユースフォーラムとしてGYCをアジアで1番の場に成長させる
  • 参加者が学んだことを応用し、個人およびグループ・プロジェクトを通して各々の地域社会にポジティブな影響を与え、行動を起こすことを促進する
  • 大阪YMCAのVision2020に従って、大阪YMCAの国際化に貢献する

答えはとても簡単です。各国の代表としてこの国際イベントに参加することで得られることがたくさんあるからです。世界中に新しい友達を作ることができ、重大なグローバルイシューについて学ぶことができます。また、このイベントを作りあげるために関わっている若者からも多くのインスピレーションを受けることと思います。

会場

カンファレンスは大阪YMCA本部と六甲山YMCAグローバルラーニングセンターで行われます。六甲山YMCAサイトへ

 

 

料金

 
早期割引料金
(2020/5/15まで)
標準料金
(2020/7/17まで)
個人参加
48,000 円
58,000 円
団体参加(4人〜)
45,000 円 (1人) 55,000 円 (1人)
 
オプショナルツアー:任意参加の大阪観光は別途追加料金となります。
 

参加資格・必要な英語レベル

参加資格は17〜24歳の以下の英語レベルをお持ちの方。レベルが満たない方は一度スタッフがインタビューを行います。自信が少し無いけど参加のしたい方、以下の英語レベルを証明できるものはないけど同等のレベルで英語が話せるな方なども大歓迎です。一度スタッフにご相談ください。
 

英語レベル

TOEIC

TOEFL

英検

IELTS

CEFR

GEPT

HKDSE

インタビュー
及び/又は
ビデオアプリケーション

600~

63~

2級

6〜

B2〜

Higher Intermediate

4~

インタビュー
及び/又は
ビデオアプリケーション

700~

76~

準1級

6.5〜

B2+〜

Advanced

5~



どういった人がカンファレンスに参加するのですか?

17-24歳の人であれば誰でもカンファレンスに参加できます。   個人、団体での参加は問いません。皆さまのご参加、お待ちしております。

ジェネラルアセンブリーとは何ですか?

ジェネラルアセンブリーは、大阪YMCA独自の議会方式のアクティビティで、参加者は議会のような環境で重大な社会課題についてのディベートを行う機会が与えられます。カンファレンスの参加者は、草案の作成、ディスカッション、案の改正、投票により決議案を決める機会があります。参加者は文化の違いを超えて、一緒に問題の解決策を見つけ出すことが求められます。2016年度GYCのジェネラルアセンブリーでは、メディアの権利と報道の自由に焦点を当てディスカッションを行いました。

GYCユースコミッティーとは何ですか?

GYCユースコミッティーは、若者による若者のためのイベントをつくるGYC戦略の一部です。
コミッティーメンバーは、UNI-Y、インターナショナルハイスクール(IHS)、国際専門学校、日本語学校、インターナショナルインターンや大阪大学の大学生といった若い参加者により構成されています。
メンバーは定期的に行われるミーティングに出席し、協力してGYCの内容や構造を決定していきます。この過程によって、若者はカンファレンスで自分の考えや意見を述べることができ、その意見に沿った行動ができる機会を得ることができます。2017年のコミッティーメンバーは、大阪YMCAのユースがさらに力を付けて責任を持てるよう、 議長と書記をメンバーの中から選出する予定です。コミッティーは、2017年度のGYCを組織する上で重要な役割となります。

大阪YMCAの社会的企業プログラムとは何ですか?

大阪YMCAの 社会的企業プログラムは、GYCの参加者やYMCAに関わる若者たちが世界中のどこにいても、彼らの地域社会で社会的企業を始める機会を提供することを目指しています。このプログラムは、ユースアクションを通して実質的な結果と地域社会への影響を与え、大阪YMCAの戦略的な目的を支えます。申込者は、ビジネスの視点で企画書を作成し、評価委員会に提出することができます。企画書が採用された申込者には、事業資金、コーチング、戦略的サポートを受けることができ、GYC大使として次年度のGYCでプロジェクトの報告をする機会を得ることができます。

 

グローバルユースカンファレンスは1年に1度、夏に5日間大阪で開催されているイベントで、世界各国から若者が集いグローバルイシュー(世界規模の課題)について共に学び、意見交換をしながら文化交流を楽しむプログラムとなっています。このカンファレンスは若者の、若者による若者の為のプログラムです。大阪YMCAのグローバルプログラムの旗艦として、インターンシッププログラムや社会的企業Yスタータープログラム、グローバルユースリーダープログラムと繋がっています。

GYCには以下の目的があります:

  • 世界各国の若者が、話し合いや相互的な学び、ディベートを通して若い世代の人々に影響を与えている現代の問題について学ぶ場をつくる
  • 若い地球市民育成への貢献
  • グローバルイシュー(世界規模の課題)を協議するユースフォーラムとしてGYCをアジアで1番の場に成長させる
  • 参加者が学んだことを応用し、個人およびグループ・プロジェクトを通して各々の地域社会にポジティブな影響を与え、行動を起こすことを促進する
  • 大阪YMCAのVision2020に従って、大阪YMCAの国際化に貢献する

答えはとても簡単です。各国の代表としてこの国際イベントに参加することで得られることがたくさんあるからです。世界中に新しい友達を作ることができ、重大なグローバルイシューについて学ぶことができます。また、このイベントを作りあげるために関わっている若者からも多くのインスピレーションを受けることと思います。

会場

カンファレンスは大阪YMCA本部と六甲山YMCAグローバルラーニングセンターで行われます。六甲山YMCAサイトへ

 

 

料金

オプショナルツアー:任意参加の大阪観光は別途追加料金となります。
 

参加資格・必要な英語レベル

参加資格は17〜24歳の以下の英語レベルをお持ちの方。レベルが満たない方は一度スタッフがインタビューを行います。自信が少し無いけど参加のしたい方、以下の英語レベルを証明できるものはないけど同等のレベルで英語が話せるな方なども大歓迎です。一度スタッフにご相談ください。
 

どういった人がカンファレンスに参加するのですか?

17-24歳の人であれば誰でもカンファレンスに参加できます。   個人、団体での参加は問いません。皆さまのご参加、お待ちしております。

ジェネラルアセンブリーとは何ですか?

ジェネラルアセンブリーは、大阪YMCA独自の議会方式のアクティビティで、参加者は議会のような環境で重大な社会課題についてのディベートを行う機会が与えられます。カンファレンスの参加者は、草案の作成、ディスカッション、案の改正、投票により決議案を決める機会があります。参加者は文化の違いを超えて、一緒に問題の解決策を見つけ出すことが求められます。2016年度GYCのジェネラルアセンブリーでは、メディアの権利と報道の自由に焦点を当てディスカッションを行いました。

GYCユースコミッティーとは何ですか?

GYCユースコミッティーは、若者による若者のためのイベントをつくるGYC戦略の一部です。
コミッティーメンバーは、UNI-Y、インターナショナルハイスクール(IHS)、国際専門学校、日本語学校、インターナショナルインターンや大阪大学の大学生といった若い参加者により構成されています。
メンバーは定期的に行われるミーティングに出席し、協力してGYCの内容や構造を決定していきます。この過程によって、若者はカンファレンスで自分の考えや意見を述べることができ、その意見に沿った行動ができる機会を得ることができます。2017年のコミッティーメンバーは、大阪YMCAのユースがさらに力を付けて責任を持てるよう、 議長と書記をメンバーの中から選出する予定です。コミッティーは、2017年度のGYCを組織する上で重要な役割となります。

大阪YMCAの社会的企業プログラムとは何ですか?

大阪YMCAの 社会的企業プログラムは、GYCの参加者やYMCAに関わる若者たちが世界中のどこにいても、彼らの地域社会で社会的企業を始める機会を提供することを目指しています。このプログラムは、ユースアクションを通して実質的な結果と地域社会への影響を与え、大阪YMCAの戦略的な目的を支えます。申込者は、ビジネスの視点で企画書を作成し、評価委員会に提出することができます。企画書が採用された申込者には、事業資金、コーチング、戦略的サポートを受けることができ、GYC大使として次年度のGYCでプロジェクトの報告をする機会を得ることができます。

 

OUR SUPPORTERS / SPONSORS