YMCA

YMCAかわにし保育園

YMCA保育園について

ABOUT

TOP | 幼稚園・保育園 | YMCAかわにし保育園 | YMCA保育園について

基本方針

キリスト教精神を通じて、神様によって創造されたかけがえのない存在として一人ひとりの子どもを受け容れ生きる力を育みます。
のびのびと自由に活動できる環境の中で、健やかな「からだ」、豊かな「こころ」、考える力を養い、バランスのとれた子どもを育みます。
子どもが自己、他者、生命の尊さに気づき、平和な社会と地球を創り、共に生きようとする意識を 養います。

保育内容

一人ひとりを大切にする保育

愛されている、認められている、自分が好き・・・ 子ども自身がそう感じられる、そんな「生きる力」を育んでいきたいと願っています。YMCA保育園では、子どもたち一人ひとりが神様の恵みであると考えます。子どもたちを家庭から、そして神様からお預かりする気持ちで保育をしています。

主体的に育つ保育

乳児期一人ひとりがゆったりと安心できる生活の流れの中で、保育者との愛着関係を築き、その「安心できる場」を基礎として、毎日の生活、遊びに主体的に関わる事。そして継続的に繰り返し取り組む事により、社会や自然との関係性を広げ、「生きる力」を培う保育を行います。

遊びを中心とした保育

発育・発達を考えて整えられたおもちゃや遊びは、子どもたちの興味や喜びを促し、自分の好きな遊びを自分で見つけて「選ぶ」こと。そして単発の遊びの連続ではなく、繰り返し続きが出来る遊びの環境が更なる工夫や喜びに繋がり、より主体的に楽しむことができます。

違いを認め合う保育

個性豊かな子どもたちが育ちあう「違いを認め合う保育」を大切にしています。持っている能力や容姿ではなく、一人ひとりが神様から与えられた大切な命として愛される体験を通して、違いを受け入れお互いの存在を大切にする。それぞれ違っていて「良い」ということを交わりの中で学んで欲しいと願っています。

子ども中心丁寧な保育

月齢の差や個々の発達の差が大きい乳児期、発達段階や心理状況などを十分に把握し基本的な生活習慣の形成、よい人間関係において言葉の発達、身体的な発達、知的な発達、運動発達がバランスよく育つように、子どもの細やかな発達を丁寧に捉えた保育を行います。

育ちを支える食事環境

乳幼児期の食事は、順調な「育ち」を支える重要なものです。栄養バランスとともにおいしく食べることのできる環境作りを、そして食べることへの興味や作ることへの関心を育む事を心がけています。

年間保育予定

連携施設

アクセスマップ

アクセスマップ

YMCAかわにし保育園へのお問い合わせ

お電話でのお問合せ

072-758-4678

サイトからのお問合せ

新しくなったYMCAのブランドロゴについて
会員登録
採用情報
キャンプ100年
公式フェイスブック一覧
チャリティーラン
YMCA大阪青年