実用日本語コース授業風景

実用日本語コースは、ビジネスや日本での実生活で必要な高度な日本語を使いこなす能力を養成するためのコースです。日本に在住しながら生活や仕事を目的とする方はもちろん、短期語学研修を目的とする方、日本の専門学校に進学を希望している方の日本語学習にも対応しています。本コースで長期的に学習するため「留学ビザ」が必要な場合は、本校で申請、取得が可能です。留学ビザ以外の長期ビザを取得している方(配偶者、家族滞在、定住者、就労、宗教ビザなど)も本コースへ入学することができます。「短期滞在」の在留資格の方も3か月(11週間)の短期学習が可能です。
*ただし、留学ビザ以外のビザ取得は各自でされる必要があります。

IJクラス(入門)

主教材を使って日本語の基本を学ぶ。実用レベルへの基礎力養成

"聞く・話す・読む・書く"の4技能を体系的にしっかりと身につけるために基本クラスを設定し、総合教材を用いて着実に基礎力を向上させます。1日4時間の授業のうち、初級~中級では3時間、上級では2時間が基本クラスとなります。この時間で、しっかりと基礎を固め、実用できる能力の土台を築きます。

 

初級〜中上級クラス

“聞く・話す”、“読む・書く”の スキル別クラス で ステップアップ

このクラスでは、4技能をそれぞれ関連の深い技能ごとに、すなわち、"聞く・話す"、"読む・書く"の大きく二つに分けて別々にスポットを当てながら学び、それぞれの能力を高めていきます。そのため、今自分がどのような能力向上のために学んでいるかが明確になり、より効率的に日本語スキルを高められるでしょう。4技能のバランスを取りたい人(例えば、聞く・話すことは得意だが、読み・書くことが苦手だという人)にも有益な授業です。

 

上級〜最上級クラス

自分の目的と必要に合った科目を選択できる。なんと50%が選択授業!

実用日本語コースの大きな特色の一つが、豊富な選択授業です。学ぶコンテンツ(内容)を重視し、「日本語を学ぶ」のではなく、「日本語で学ぶ」ことを目指したカリキュラムとなっています。具体的には、ビジネス系コース、アカデミック系コース、カルチャー系の
3つのコースがあり、例えば、「ビジネスマナー」、「商品企画開発」、「文章を書く」、「ディベート」、「日本の伝統文化」、「日本生活情報」、「マンガ・アニメ」、「小説」、「時事問題」、「関西方言」、「日本語能力試験対策N1」など多岐にわたる日本についての知識、情報を日本語で理解していきます。日本人が普段触れている日本語をそのまま学ぶことができます。